生え際が後退してきた気がする・・・シャンプーの後の抜け毛の量が増えた気がする・・・そんな症状にお悩みの方、男性型脱毛症(AGA)の可能性がございます。一度AGA治療をお考えください。

AGAかどうか判断できるセルフチェック

男性の脱毛のほとんどがAGAともいわれているます。
しかし、脱毛といっても頭皮環境が悪い、ストレスなどにより精神的な状況による脱毛など様々なことで脱毛につながるケースもありすべてがAGAというわけではありません。
もし、AGAなら治療を受けたいけど、そうでなければ自分で改善させたいという方も多くいるのではないでしょうか。
そのためにはまず、AGAかどうかのチェックが大切です。
AGAなら早期のAGA治療を行うことで進行を止めることができます。
適切な治療を早く受けるためにもセルフチェックは大切です。
セルフチェックの方法としては色々あります。
まず、抜け毛のチェックです。
人は特別な症状がなくても1日50本~100本程度の抜け毛があるといわれています。
この抜け毛でのチェックで大切なのは抜けた毛の成長具合です。
抜ける本数は体調や季節などにより違いがあるため本数だけでは判断できません。
しかし、抜けた毛がしっかりと成長せず抜けている毛が多い場合にはAGAの可能性が高くなります。
比べ方としては抜け毛の中で最も太くしっかりと成長している抜け毛と比べ、明らかにその成長している抜け毛より細く成長しきれていない毛の割合を調べる方法です。
成長しきれていない抜け毛が1割程度が通常の状態で3割を超えてくると治療が必要の可能性があります。
また、はっきりと判断する方法に遺伝子検査キッドを利用する方法があります。
自分の口内粘膜を採取し郵送するだけでAGAかどうかを知ることができます。
このキッドがセルフチェックでも最も有効な手段です。
AGA治療は効果的な治療法でしっかりと効果が実感できます。
少しでも不安がある場合にはこのAGA治療を受け早めの対策を行うことが大切です。